霊界の諸相その1

spiritual-lightさんが霊界の諸相について記事を連載してくれることになりました。


霊界の諸相その1

1980年代に国書刊行会より世界心霊宝典全5巻が刊行されました。

第一巻 霊訓(ステイントン・モーゼスの霊訓)

第二巻 不滅への道(別名:永遠の大道、マイヤース通信の一つ)

第三巻 スピリチュアリズムの神髄

第四巻 ジャック・ウェーバーの霊現象

第五巻 人間個性を超えて(別名:個的存在の彼方、マイヤース通信の一つ)

 いずれも、19世紀末に起きたスピリチュアリズムの嵐の中で刊行された古典的名著です。 

この連載では、これらの書籍をテキストとして霊界の諸相を紹介していきたいと思います。

 本日は「スピリチュアリズムの真髄」から地球圏の第1界の様子を抜粋します。
抜粋

「第1界、すなわち地上に一番近い界は発達段階からいうと一番低い界で、人類のうちでも邪悪で罪深い者が行く。したがって、この界に来る人種は性質が粗野で物質的欲望が強く、喜びとすることはことごとく肉欲的で物質的で向上心に欠け、その堕落した状態に満足しているといえる。


 第1界の住民の住むところはほとんど不毛の土地といってよいほど荒涼としていて、大自然の温もりが感じられない。目を楽しませてくれる美しい木々や愛らしい花は一本も見当たらない。住民の霊性がそういうものを求めるまでに開発されていないために、各々の住居の内にも外にも、美しい植物や生花を飾ろうともしない。


 この界のスピリットには、まだ簡単な小屋程度のものすら自分で作る創作力もなく、作ってみたいという意欲すら持ち合わせていないので、家すらもたない連中がざらにいる。

 古色蒼然たる修道院を見かけることもある。理性に耳を傾けず、真理の光を受け入れようとしない、頑固な修道士や牧師が旧態依然とした生活を続けているのだ。


 以外に多いのが、地上で大金持ちだったいわゆる富豪である。特に他人を食いものにして身を太らせた者が多い。


 第1界長居する者はほとんどいない。後から後から送られて来る地球からの新入者の数が大変なので、高級霊が燃え盛る炎の中から燃え木を取り出すように必死になって救出にあたっているのである。」

第1界の特徴は以下のようにまとめられるでしょう。


*物欲、金銭欲、肉欲にまみれてこればかり求める。

*向上心がない。

*毎日同じことの繰り返しに終始し、そこから新たな地平を求めることに興味がない。

*創造力に欠けている。

*美しいものに興味がない。

*他人を搾取したり他人に危害を加えることを生きがいにしている。

 この世を見回してみると多くのこの世の人間がこのような状態にあることがわかると思います。 

地球からこの第1界に送られて来る人々があまりにも多いので、高級霊がそこから人々を救い出すために休む間もなく働いているようです。

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です