2019年5月10日のインテルアラート「切り替え」

spiritual-lighterさんより転載

https://ameblo.jp/spiritual-lighter/entry-12460332507.html

 

【インテルアラート:2019年5月10日】

共和国が復興しつつある兆しは、主流のメディアに達している。

トランプ大統領は花火が7月4日にラシュモア山に戻るだろうと発表した。

(訳注:山腹に建国に父が彫られたラシュモア山に建国記念日の7/4に花火が上がる、つまりアメリカに建国の理念が復活するだろう、という意味?)

また、トランプ大統領はアメリカ軍の礼装を第二次世界大戦時代に戻している。

中国の副主席は、進行中の貿易戦争に関して、トランプと交渉するためにアメリカを訪問することを
予定している。

通貨は歴史を経て、金本位制から不換制に転換した。

金融システムは破綻に向かう激突の途上にあるため、違った「転換」が起きようとしている。

情報源は、米中貿易戦争の結末が、破綻の引き金となると確信している。

旧金融システムが破綻すると、1929年よりも深刻な崩壊を引き起こすだろう。

新しい量子金融システムは、崩壊状態が2週間以上続かないように阻止する。

この2週間が「転換」の移行期間になる。

一方、大多数の情報源は、情報の流れが著しく減少したと報告しており、RVの状況は、今や差し迫っていると信じている。

 

 

 

 

 

現在、NYダウは下落の一途をたどっています。

 

株価は直近のピークから1000ドル近く下がっており、さらに下落傾向にあります。

 

昨年末の最安値にはまだ4000ドル近くの差があるものの、下げ止まる気配がありません。

 

昨年の秋頃に、最終的には中国との貿易摩擦が株式市場の破綻を引き起こすだろうと言われていたことが、現実となりそうな情勢です。

 

経済崩壊は実はNWOの既定路線なんだとか、RVはむしろカバールの損失を軽減するための謀略だとかいう話もありますが、本当のところはどうなんでしょうか。

 

また、トランプ大統領は本当はロスチャイルドのために働いているんだ、という人もいたりします。

 

それらのすべてが、経済崩壊後に明らかになることでしょう。

 

もしカバールが勝利してNWOの世界が実現したとしても、おそらく地球環境自体が持たないと思われます。

 

頭の悪いカバールは、それでもやっていけると考えているようですが、同盟が阻止してくれることを信じてその時が来るのを待ちましょう!

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です