祝報 カバールに対する勝利記念日

今日は様々な情報が来ました。

個人的には落ち着いた日だったのですが、複数決定的な情報が流れてきて、

本日2019年7月8日がカバールに対する勝利記念日となりました。

先ほど更新されたフルフォードレポートです。

 

 

ワシントン、ロンドン、ローマの3大オベリスクがすべて倒れる大勝利
Benjamin Fulford Weekly Reports
国防総省やその他の情報筋によると、先週、ハザリアン・マフィアが西側勢力の3つの中心地であるワシントンD.C.、ロンドン、ローマの支配を失ったことで、人類にとって大きな勝利があった。これらの各首都にはオベリスクがあり、軍事力、財政力、宗教力をさまざまに象徴している。

「7月4日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がローマ教皇に謁見し、ボリス・ジョンソンが非公開のブレクジットで首相に就任し、トランプ氏はアメリカのディープステートからの独立を宣言し、世界権力の三つのオベリスクを白旗で制した。」と、

ペンタゴンの情報筋はこの状況を要約している。

 

これは、西側の内乱がほとんど終わったことを意味する。現在、統一された西側諸国は、世界の他の国々、特にアジアと、地球の運営方法を改善する方法について交渉することになるだろう、と複数の情報源が同意している。もちろん、これには時間がかかるので、今のところ突然の劇的な発表は期待できないと情報筋は警告している。

宣戦布告されていない西洋の内戦でこの勝利を導いた戦いは、一見無関係に見えるさまざまなニュースイベントの形でニュースで見られた。その中には、ロシア潜水艦の沈没、米海軍基地での地震、小児性愛者ジェフリー・エプスタインの逮捕などが含まれていた。

------------------------------------------------------------—-

”イベント-地球アライアンス簡易説明-7/7ゲートウェイ!マイケルラブさんより”

https://ameblo.jp/bokeneko22/entry-12491756210.html

 

以上の情報をもって本日が人類が決定的にカバールに勝利した日、ターニングポイントとして

記念します。個人的には荷が下りました。これからもっと色々表沙汰になり、私の家族も含む

日本の大衆も知ることになると思います。1個前の投稿でエンジェルナンバー99999が出たので、これからも私は使命として精力的に活動しなければならないようです。気を持ち直して頑張ります。

 

ありがとうございました。

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です