2019年10月3日のインテルアラート「近代化」

ディープステート/カバールは隅に追い詰められている。

民主党がパニックに陥り始めるなか、オバマ元大統領はトランプ氏に公然と反対の声を上げると予想されています。

トランプ氏は、アダム・シフ氏を「リドル」と何度も呼び、彼が小児性愛者であることをほのめかした。

https://deplorablefeed.com/no-liddle-adam-schiff-is-not-a-typo-president-trump-sending-a-big-message/

IGレポートはまもなくリリースされる。

多くの民主党員がウクライナ政府とのスキャンダルやその他の犯罪に巻き込まれるだろう。

マーク・A・ミリー将軍は、ジョセフ・ダンフォード将軍の後を継いで統合参謀本部の第20代議長となった。

ミリー将軍は、戒厳令や大量逮捕の際の任務にうってつけの人物だ。

米国のすべての国旗から金色の帯が剥がれ落ちることは、共和国の完全な復興を示す重要な指標になるだろう。

また、ロン・ポールは、我々は不換制度の終わりに近づいており、より近代化された金本位制を採用する方向に向かっていると述べた。

一方、イラクの人々は、彼らの腐敗した政府に抗議して暴動を起こしており、それもまた、まもなく国境を越えてイランに広がると予想されている。

ジンバブエは来月、同国の経済発展を示す最初のドル建て債券を導入する予定です。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-10-02/zimbabwe-to-introduce-first-zimbabwe-dollar-notes-in-november

ジンバブエは今後数カ月の間にさらなる経済改革を受けると予想されている。

すべての通貨は、各国が金本位制または資産担保金融制度を採用し始めると、再評価される。

 

--------------------------------------------------—-

補足

 

原文

The IG reports are about to be released.

 

(IGレポートは間もなくリリースされます。)

 

この”are about to”の解説です

 

「まさに〜しようとしている」

be about to 〜 は「まさに〜しようとしている」とか「〜するところだ」という意味。to の 後には動詞の原形を置いて、be about to + [動詞の原形] というふうに使うよ。

「〜している」とは何が違うんですか?

「〜している」はすでに何かをしているってことでしょ。be about to 〜 は何かをする直前だから、今しているわけでも遠い未来にしようとしているわけでもなく、今まさにしようとしているということだよ。

 

引用

1分で覚える「be about to 〜」の意味と使い方

 

つまり、「IGレポートが今まさにリリースされようとしている」という意味です。

今までさんざん期待を裏切られた”soon”(意訳:もうしばらくしたら)とは違います。

期待して待ちましょう。

光の預言天使E.T.

約14年前に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている認定預言者です。 光の戦士として長年活動しています。活動歴は14年です。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合所属 twitter https://twitter.com/KikuchiNorihito アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です