”米国国家情報局よりUFO報告書公表される”

ソース

米国国家情報局よりUFO報告書公表される

 昨年12月、米国上院議会により、米国政府はUFOに関する機密情報を180日以内に公表するように要求されていました。

 その期限が米国東部時間の6月25日でした。

 そして、当日、米国国家情報局より、以下の報告書が公開されました。

https://www.dni.gov/files/ODNI/documents/assessments/Prelimary-Assessment-UAP-20210625.pdf

 これはあくまでも予備的な報告書という扱いで公開されています。

 要約すると、以下のようなことが書かれています。

 未確認航空現象(UAP)に関する質の高い報告が限られているため、UAPの性質や意図についてしっかりとした結論を出すことができない。

 報告されたUAPの大半は、レーダー、赤外線センサー、電気光学センサー、武器探査機、目視など複数のセンサーで捉えられており、おそらく物理的な物体を表していると思われる。

 限られた数の事例では、UAPが異常な飛行特性を示したと報告している。

 これらの観測結果は、センサーのエラー、観測者の誤認などの結果である可能性があり、さらに厳密な分析が必要である。

 利用可能な報告書に記載されている様々な外観や飛行行動から、異なる説明を必要とする複数のタイプのUAPが存在すると思われる。

 我々のデータ分析では、それらは5つの潜在的な説明カテゴリーのいずれかに分類されるという仮説を支持している:空中での異常な光学的散乱現象、自然の大気現象、米国政府または米国産業の開発した飛行物体、敵対国が開発した飛行物体、そして「その他」という包括的な分類である。

 UAPは明らかに飛行安全上の問題を提起しており、米国の国家安全保障にも影響を与える可能性がある。

 結局、UFOの存在は認めるが、その正体については断定しないという中途半端な内容となっています。

 また、異星人や地球外生命体という表現はどこにも見当たりません。

 米国政府としては、これで義務を果たしたことになり、議会から「これでは不十分だ。」と追及されても「これは予備的報告書であり、十分な分析が完了したら本報告書を公開する予定である。」と逃げを打つことが可能です。

 本報告書が出るかどうかは誰にも分かりません。

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です