ホームページ『超人類と超古代 新人類と未来』の復刻10 超古代、極古代

超古代

 

旧人類は、超古代文明について知る必要があります。
これは、約一万二千年以上前の時代まで栄えた高度巨石精神文明を指します。
正史からは忘れられた文明でしょう。
この文明は、祖星から来た殖民団によって築かれました。

当時、超人類は現代の旧人類よりも悠かに優秀でありました。
また、現在の物質文明とは異なる独自の発展を遂げていました。
現代人類から見ると古代アメリカ文明が近いのでしょうが、
差別も無く殺戮も無く更に高度な精神文明と人間的な環境と巨大巨石建造物が溢れていました。
更に、当時の超人類は現代の旧人類に比べ
脳も殆どが活動しており第六感が発達し、平均寿命も1700歳ありました。
その超人類も、宇宙からの大量の水(氷の彗星)によって引き起こされた
未曾有の大洪水とポールシフト(地軸の移動)により大多数が滅びました。

海岸部に発達した各都市は全て水没壊滅し、
中心都市のあった南極は氷の下敷きとなりました。
その地軸の移動により、温暖な南極は現代の位置になりました。
現代、超古代の遺産は南極の分厚い氷の下敷きなって原型を留めていませんが、
今後何らかの証が見つかる事でしょう。
南極は中心でしたが、それ以外にも地球各地の沿岸沿いに都市がありましたから
海底にも遺跡の一部が残っています。

また、大洪水により超人類が発明した
現在の原子力発電よりも悠かに安全で強力な発電装置であった
氷炎柱石の崩壊が世界各地で起こり、超人類の遺伝子破壊が進み人類は退化しました。
このカタストロフィーにより、人類は文明と自身の全てを失ってしまったのです。

現代の我々はこの動力源を使っておりません。
宇宙に無限にあるプラズマの一種の強力で安全なエネルギーを使っています。
宇宙空間は一般的現代人類が思うような無の世界ではなく、
無限のエネルギー資源に満ち溢れているのです。
現代の旧人類より遥かに優秀な人類でもあり、
高度な精神社会を築き環境に配慮したエネルギー装置を持ってしても
天変地異による崩壊と、それによる環境と遺伝子の破壊は避けられませんでした。

現代の旧人類は、運良く現代まで大きな天変地異もなく発展してきましたが、
仮に超古代と同じ出来事が起きたら環境に対する汚染と破壊は超古代の比ではないでしょう。
以上にお話しした外因以外でも、人為的な破壊と汚染も問題であるとの認識も忘れてはなりません。

 

極古代

 

超古代文明さえも現代の旧人類は知らないのですから、
極古代文明においては知る由も無いでしょう。
超古代文明は地球上に築かれた超人類の居留地文明に過ぎません。

極古代文明こそ、文明の原点なのです。
それは祖星で開花発展しました。
最初の原始文明は現在の旧人類と同じく未熟な文明でした。
しかし、旧人類の文明が超人類の関与により僅か数千年で発展しているのとは対照的に
数十万年という非常に緩やかな進歩をしました。
関与の無い進歩故に、旧人類にある四大宗教の様な宗教は存在せず、
原始宗教及び、哲学が発展していました。
原始宗教として例えるべきか否か疑問の余地がありますが、
簡単に申し上げますと万物に感謝し祖先を敬うとの思想です。
無論、現在の超人類社会においては宗教の枠を超えています。

超人類の宗教は科学と哲学と道徳が融合し、宗教としての役割を終えているのです。
故に現在は宗教は存在しません。
末期の祖星は地震も少ない為に巨石建造物が連なり、
市街地の周りには鮮やかな海と深い森が生い茂りそれは壮観な光景でした。

人類は幾度と無く破滅の危機を迎えてきました。
故にマイナス思考ではない危機管理対策の必要性を訴え、
人類の驕り高ぶりを自戒する事は非常に重要なのです。
その意味でも超古代を知ることは重要ですが、
極古代の存在も思い出す必要性があるでしょう。
仕方のない事ですが、超古代の文献は多少残されていても
極古代の文献は現存しておらず、伝承すら殆ど残されていません。
しかしアカシックレコードには、はっきりと残されていますので
旧人類にも何れ拝見出来る時が来る事でしょう。

光の預言天使E.T.

約14年前に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている認定預言者です。 光の戦士として長年活動しています。活動歴は14年です。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合所属 twitter https://twitter.com/KikuchiNorihito アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です