木星の近くで行われた太陽系の秘密会議で決定された内容ー サラ博士&エレナ・ダナン

真実の泉 – ディスクロージャーさんより転載(マータさん翻訳ありがとうございます!)

木星の近くで行われた太陽系の秘密会議で決定された内容ー サラ博士&エレナ・ダナン

Secret meetings near Jupiter decide the future of our Solar System?
木星の近くで行われた秘密会議では、我々太陽系の未来を決めたのか?
https://youtu.be/WPmfmb85kYk

概要です。

読み聞かせ動画もあります。

https://youtu.be/ZYIciKAazts



***********

サラ博士:
第二次世界大戦でナチス・ドイツが崩壊する3ヶ月前、3つの大きな力を持つエリート・グループ、米国・ソ連・英国がヤルタ (クリミア半島にある町- クリミア半島は、現在ウクライナであるが実質はロシアに支配されている)で会合を行った。第二次世界大戦後にヨーロッパをどう統治していくかという会合だった。




エレナ・ダナン(考古学者・ETコンタクト者)によると、似た様な会合が最近、木星の近くで行われたという事です。ダーク・フリート(闇の軍組織)とドラコ・レプティリアンとオリオン座のグレー種族、ディープ・ステートとそれに纏わる企業達の崩壊後の地球についての会合があったと言っています。




エレナによると宇宙銀河連合と地球のアライアンスと世界の秘密宇宙プログラムのトップ達が12回に渡る会合を終え、我々太陽系における、新しい条約について話合われたと言います。これは7月16日に終えたとされる。

宇宙銀河連合が実際に存在するという事は、昨年暮れにイスラエルの国防省元宇宙局長であり、イスラエルの秘密宇宙軍の創設者であるハイム・エシェッド教授・元軍人(87歳)が暴露している。さらに米国のトランプ政権時代にトランプと密に秘密宇宙軍での仕事を共にやっていた事を語っている。




(木星の近くにある時空スポットでの銀河連合の会議場所に関しては、以前にコーリー・グッドやランディー・クレーマーも証言しています)

この7月に行われた会議では、秘密宇宙プログラムを持つ国々が米国のリーダーシップの中で一緒に進んでいくと決められたと言います。

エレナのEメールより「この会議において、異なる幾つかの銀河連合と地球のいくつかの軍との会合が終わり、我々の太陽系における今後の経済や守備について話し合いがありました。地球人がこのシステムを管理していく事が決定され、米国がリーダーシップを取る事が数回の会議で決まりました。米国に決まったのは、宇宙銀河連合が決定した事であり、理由は、彼らの資源と能力とゴールが最もリーダーとして適しているからでした。我々太陽系の輝かしい、持続可能な未来の為に最も良い決断でした。長い間、この秘密のプログラムを形成するために力を注いできました。しかし、まだ最後の闇との戦いが残っています。これが終わるまで、努力を続けなければいけません。

この長く苦しい戦いが終わった暁には、新しい繁栄と協力の世界へと共に前進することになります。」

エレナの話を裏付ける内容として、機能可能な宇宙プログラムを保有する国々がARTEMISに署名した事実があります。

ARTEMISとは:NASAの月に人間を戻すプログラムだ。





<ここに出席している日本人は誰でしょうか?日本だけ二人いますね!>

この署名は、米国と7カ国の間で2020年10月13日に行われました。(オーストラリア、カナダ、イタリア、日本、ルクセンブルク、アラブ首長国連邦、英国)

ARTEMISのプログラムが開始されてから、ブラジル、韓国、ニュージーランド、ウクライナも参加に署名しました。インドも今検討中です。これらに署名するまでには、トランプ政権から始まり数年の交渉が行われており、現在のバイデン政権においても引き続き交渉が続いています。

ARTEMISのプログラムにおける協定は、米国のリーダーシップの元で複数国における宇宙軍のアライアンスを提携する事です。これは共同で開発する宇宙における経済や科学についての協定であり、同時に我々太陽系を守るための軍のアライアンスとの協力、開発に関する安全地帯の説明などもありました。

このARTEMISのプログラムの協定に署名がされた事実は、エレナが伝える木星近くで行われたアンドロメダ銀河評議会や宇宙銀河宇宙連合と地球のアライアンスの間で行われたという秘密会議の実態を裏付けるものになるのではないかと思います。

エレナから17日に2つめのメールをもらいました。これは、彼女の主なコンタクト元である銀河連合のソーハン・エレディオンからもらった内容です。彼女は、9歳の頃にETに誘拐され、その時に脳内にインプラントを埋め込まれ、その後ソーハン達に救助され、地球に戻されたと言っており、それ以来そのインプラントを使ってソーハンと連絡を頻繁にとっているという事です。




「ソーハンは、この秘密会議には出席していなかったと言っています。彼は、会議所へ各国の代表者達をエスコートする係だったそうです。彼は、会議の間は木星の軌道の中にいました。(会議所は木星の軌道から少し外れた場所にある)しかし、彼はこの会議が数回続いていたこと、それがある期間の間続いていた事を教えてくれました。最後の3つの会議が重要だったと言いました。そのうちの最初の会議は全員アライアンスが出席し、2つ目の会議は、選択されたグループのみ、3つ目もさらにその中から選択されたリーダー格のグループでの会議だった。それぞれのグループは、諸国の宇宙軍のトップの人達と進化した最新技術を開発している企業のCEO達でした。太陽系内の安全地帯の話し合いと、誰が最も能力があり、目的達成に適しているか、各国の関心等について話し合われました。」

これはARTEMISで話し合われた内容とも合致します。さらに各国の軍隊が今準備しているが宇宙軍の情報とも合致します。英国、イタリア、ドイツは2021年に、オーストラリアは2022年に米国、フランス、ロシア、中国の宇宙軍と共に参加すると表明しています。

北大西洋条約機構(NATO)は2020年の10月22日、テレビ会議形式で国防相理事会を開き、ドイツ南西部のラムシュタイン空軍基地にある航空司令部に「NATO宇宙センター」を設置することで合意したという事実もあります。

(日本語の記事)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102200951&g=int

これらの事実は、エレナが伝える内容を裏付けるものであると考えます。

エレナの2つ目のメールの続き:「宇宙銀河連合は、統一された地球の人類とだけ共に働いて行きたいと考えています。異なる国々の宇宙軍が競い合うパワーゲームではあってはなりません。ソーハンがいうには、宇宙軍に関わっているのは14か国だという事です。しかし、その中の6か国が最も進歩した宇宙軍を保有し、銀河連合と一緒に活動可能な機能を保有すると言います。残りの8か国は商業的な目的だけを持っているという事です。トップの6か国が統合された宇宙軍となっていくとも言っていました。競争し合うのではなく、一緒に協力し合える必要があるというのは納得します。ARTEMISへ署名した国々から察して、このトップの6か国とは、米国、英国、フランス、日本、ドイツ、あとはイタリアかオーストラリアであると考えます。

私が今年出版した本「Space Force – Our Star Treck Future」でも米国がリーダーとなり、地球のアライアンスが統合された宇宙軍、スターフリートが形成される事を予言しています。







それでは中国とロシアはどうなるのでしょうか?




エレナの2つ目のメールから:「ソーハンが自分の飛行船から会議所の様子を観察していた内容によると、最後の3つの会議の2つ目の時、3つの飛行船が会議所に向かっているのが見えました。それぞれ地球の宇宙軍のマークの付いた飛行船でした。二機は、一つがロシアの代表者たち、もう一つは中国の代表者たちを輸送していました。三つ目は誰だったのか聞いていません。中国とロシアは、米国が全体の宇宙軍のリーダーになる事に関して不服を言っていたそうです。」

このエレナからの話を裏付ける内容として、2021年6月にロシアと中国が合意した月の研究のためのスペースステーションのオペレーションに関する条約について、他のどの国もそれに賛同しなかった事です。米国だけが他国との協定をARTEMISを通じて成功させているのです。ロシアは、ARTEMISへの参加を辞退していて、理由は米国が主権を握っているからという事でした。中国は、ARTEMISへの参加さえも招待がありませんでした。彼らの絶え間ない情報の窃盗行為、企業スパイ行為が理由です。

という事で、ロシアと中国が木星の近くで実施された会議の結果を不満に思っているのは当然のことであり、事実であると言えるでしょう。

これらの実証を含めて考えると、第二次世界大戦の最中、終わる3ヶ月前に既に米国・ソ連・英国がクリミア半島のヤルタでナチス・ドイツを崩壊させ、その後の地球についての会議が行われていたのと同様に、これからの闇の組織の崩壊後の地球についての会議が最近木星近くで実施されていたというのもあり得るのではないでしょうか?

今、第二次世界大戦の時と同じ様な状況が起きている可能性は高いと思います。ドラコ・レプティリアンやオリオン座のグレー達とダーク・フリート軍が基地を持つ月、火星、地球での秘密戦争が起きていて、これは1940年頃からナチスがその宇宙の闇のET達と契約した時点から始まっていたこと、それ以降大きな企業郡がさらにそれを発展させていたこと、企業群は自分達の宇宙軍も建設して、宇宙でも大きく悪行が繰り広げられていて、それを地球のアライアンスと銀河連合が崩壊させるべく戦っていることなどはあり得る話だと考えます。

4月にエレナが言っていたこと:「銀河連合は、我々太陽系の星々に存在するこのオリオン座系とレプティリアン系の基地を一つづつ今、破壊しています。月では、大きな戦争が起き、今月には、このダークや帝国群は、いなくなったと聞いています。もうETはいなくなり、地球人の軍産複合だけになっているようです」は、他の秘密宇宙プログラムの元兵士たちからも同じ証言をもらっています。他にも遠隔透視をしている人々も同じようなことを言っています。

これらの内容をまとめても、エレナが言っていたことが本当であるという証拠にはなりませんが、調査するに値する内容であったことは確かです。

Exopolitics(地球外の外交政策)のマイケル・サラ博士からの報告でした。

サラ博士が製作した映画↓Vimeoで視聴できるようです。(日本語字幕はないかもしれません)

https://vimeo.com/ondemand/antarcticadarkfleet/



***********

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です