FM144更新情報 秋のアップデート 2021年10月9日

今回のアップデートの冒頭では、情報が入った時点でアップデートを行うことをお伝えします。現在のところ、毎月の更新を保証するものではありません。惑星の状況が激化すればするほど、沈黙は大きくなり、投稿のための投稿を行うことは私の意図するところではありません。

また、繰り返しを避け、全体像を完成させるためにも、今後はこれまで他の情報源で言及されていない情報のみを発信していくつもりです。

この1カ月は非常に濃密な時間でした。9月は「アトランティスの崩壊」が起こった月とされています。つまり、闇の者達にとって、この時間枠は常にネガティブな儀式を行い、彼らのアジェンダを進めるための有利な機会の窓を意味しているのです。

前回のアップデートでは、彼らがアトランティスの終末のエネルギーを現在のタイムラインに持ち込もうとしていることをお話しました。これらのエネルギーはまだ共鳴しており、それは世界中で起きている多くの洪水だけでなく、現在の火山活動にも反映されています。最近の例では ラ・パルマ島のクンブレ・ビエハ火山の噴火です。



カナリア諸島は、古代アトランティスの地質学的な残骸であり、そのエネルギーと深く結びついています。
科学者たちは、噴火によって引き起こされる地滑り(最悪の場合、海岸線の移動)が、大西洋を横断し、イギリス諸島、アメリカ東海岸、カリブ海、南米にまで及ぶ可能性のある津波を引き起こすのではないかと推測しています。このような現象が起こる可能性は極めて低いと考えられていますが、影響を受ける場所が古代アトランティスにも関係していること、特にニューヨークやロングアイランド(モントーク)周辺であることは興味深いことであると言えます。



コメント欄には、「闇の者達はどのようにしてこのようなシナリオを現代に設定したのか」という質問が寄せられました。このような自然災害の一部は、カバルがHAARPを使って作り出していますが、主なトリガーはオカルトの世界にあります。

この惑星を人質にしている闇の者達は、カバルのメンバー、レプティリアン、ドラコ、アルコン、キメラといった人間型の集団だけではありません。その背後には、ブラックマジシャンとでもいうべき、まったく別の次元から来たグループがいます。彼らは、アトランティスの崩壊から始まり、2つの世界大戦を含む地上でのすべての主要な戦争を経て、現在のNWOのタイムラインの実施に至るまで、この惑星で物理的に起こったすべての主要なネガティブな出来事の基礎をエネルギー的に築いている人たちです。



このようなタイムラインの切り替えを行うことができるブラックマジシャンは、この地球上に数十人しかいないでしょう。また、彼らはネガティブな儀式によってNWOマトリックスをエネルギー的にカバーしており、それがカバルが物理的領域でのアジェンダの実行に近づいた理由でもあります。

しかし、9月後半、ライトフォースはこのオカルトグループに対して大規模なアクションを起こしました。魔術師たちを無力化するのは簡単なことではありません。特に地球の隔離領域内では、膨大な量の異常があるため、事実上、魔術師たちの住処となっています。彼らは非常に強力で悪質であり、心理学的に見ても完全に狂人です。この任務はオカルト的な性質を持っているため、ポジティブミリタリーやレジスタンスムーブメント、プレアデス人のような地球外種族のようなグループが現場に派遣されるものではありません。彼らはすでに、物理的なカバルと、水面下や水面上のネガティブな種族の壁として対処をしています。



ブラックマジシャンに関しては、光の勢力が彼ら自身のポジティブなオカルト部隊を活動に送り込みます。彼らはその道の達人であり、地球隔離が始まって以来、裏で暗躍してきたこのネガティブグループの大部分をついに排除することができました。この事実は、自然災害の状況を改善し、現在のNWOのアジェンダに対する抵抗力をある程度強化することになるでしょう。

闇の勢力のトップは、NWOの実現には関心がなく、地球が解放されたときに光の勢力に捕まらないように、地上の混乱を利用して脱出計画を黙々と練っていることを、改めて指摘しておきたいと思います。

1つの方法は、人質を宇宙船に乗せて脱出することで、これはすでに過去の更新時にこのブログで紹介しました。2つ目の方法は、太陽系外の遠隔地に通じる、現存する巨大な地下ポータルを利用することです。



闇の勢力は、理論的には侵略して新たな「隔離」を確立できる特定の惑星をターゲットにしています。しかし、光の勢力はこれらのポータルを知っており、最近、悪名高いネバダ・トライアングルの砂漠の下での作戦でポータルの1つが閉鎖されました。

さらに光の勢力は、ネガティブに転生したレプティリアンなど、何らかの形で闇の存在に縛られている、表面に転生したキーとなるライトワーカーを目覚めさせ続けています。これらのライトワーカーは、それぞれのライトワーカーのツインフレームのソウルパーツと同化して、彼らを引き寄せ、自分自身に結合させています。これらのライトワーカーの活性化は、地球の集合意識に非常に強い影響を与え続け、それは物理的にもプラスの効果をもたらすはずです。

とはいえ、カバルによる破壊的な行動や、現在のNWOやワクチン接種のアジェンダに対するさらなる抗議活動がエスカレートする可能性も予想されます。

また、ハッカーの攻撃によるインターネットや停電の可能性も高まっていますが、世界的な大規模停電が今後2~4ヶ月以内に起こる可能性は低いと思われます。とはいえ、スターシードはそのようなシナリオに備えておく必要があります。

前回の更新時にいただいた、ソケットや電子機器を介した蜘蛛の精霊のアクセスに関するもう一つの質問については、「はい、電源を切ると一晩で効果があります。しかし、これらのアクセスポイントでエネルギー的な封印と保護を瞑想で思い描くこともお勧めします(あなた自身の好きな方法、想像力、導きを使って)。表面上のすべてのスターシードはこれが可能です、そうでなければ、スターシードはこの惑星に転生していないでしょう。

だから、根気よく続けてください。正義の歯車はゆっくりと、しかし非常に細かく回っています。

このアップデートを読んでくれてありがとう!

ソース

https://fm144.blogspot.com/2021/10/autumn-update-08102021.html

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です