”ウィスコンシン州の2020大統領選挙法的監査報告書が公開される”

ウィスコンシン州の2020大統領選挙法的監査報告書が公開される

spiritual-light returnsさんより転載

 ウィスコンシン州の2020大統領選挙の法的監査報告書がこのほど完成し、公開されました。しかしながら、この法的監査はアリゾナ州マリコパ郡で行われたような完全な形のものではなく、投票した人と有権者名簿を突き合わせるだけのものであり、実際の投票用紙はごく一部しか調査できない不完全な形の物でした。

 そのような不完全な形の法的監査でしたが、大きな成果を上げることができました。

 今回の選挙に登録して投票した有権者は上の表のように957,977人いました。

 監査チームは、この投票登録した有権者データとウィスコンシン州への他州からの人々の移入と他州への移出の記録を管理するウィスコンシン州移出入省の管理するデータを付き合わせてみたところ、この移出入省のデータと投票登録した有権者のデータが一致しないケースが45,655ありました。

https://edition.cnn.com/election/2020/results/president

 ウィスコンシン州でのバイデン候補とトランプ候補との票差は20,682票でした。

 したがって、投票登録者数のうち、選挙当日、本当に投票権利を有していたか疑わしい45,655人の投票数の方が、同州の選挙結果における票差20,682を上回っていたという確たる証拠が今回の法的監査で提示されたのです。

 アリゾナ州に引き続き、ウィスコンシン州においても、同州の選挙結果の無効を裁判で訴え、勝訴できる可能性を秘めた確たる物的証拠が得られたのです。

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です