オーロラ・レイからのメッセージ 2021年11月19日

博愛的な地球外文明は、本質的に平和的であり、我々とのコミュニケーションの意図はポジティブです。
私たちはエキサイティングな時代に生きています。他の世界からの善意ある存在とのコンタクトの入り口にいるように思えます。日々、情報開示が進み、多くの信頼できる人々が自分の知っていることを話しています。
地球外生命体が存在することは間違いありません。NASAの伝統的な航空宇宙技術を使って彼らと連絡を取ろうとしても、答えが返ってくることはまずないでしょう。もし、運良く連絡が取れたとしても、それは彼らがあなたにそうして欲しいと思っているからです。
多くの人々がETとの遭遇を経験し、それらの存在とコミュニケーションをとる方法を見つけようとしています。
私たちは、ETに対して心を開き、寛大な態度をとることで、遭遇するかもしれないETに備えることができるかもしれません。彼らは私たちと似ているかもしれないし、私たちが想像できないような存在かもしれない、それがすべての謎と興奮なのです。
私たちは、自分の意識を発達させ、拡大させ、自分を取り巻くエネルギーや情報に対してより多くのものを受け入れるようになると、より敏感になり、気づくようになります。そして、意識が高まると、私たちの波動エネルギーも高まります。
心配事、ストレス、怒り、イライラ、悲しみなどは、すべて波動の低いエネルギーの表れです。私たちは日々、報道やインターネットなどで低波動のエネルギーにさらされています。ですから、ネガティブなものを一掃して、自分の波動を高めることが大切です。そうすることで、以前は不可能だった高波動の存在との交流の機会が開かれるのです。
解決策の一部となる最も簡単な方法は、愛し、教え、ポジティブな貢献をすることで、闇と光の比率を簡単に変えることができます。それができれば、善意の宇宙人とつながり、協力してくれるでしょう。
そして、これこそが人類の最大の障害なのです。人は、自分を高めるために自分自身に働きかけることを嫌がります。これは逆効果です。なぜなら、自分の夢の実現を阻むのは自分自身だからです。
高次の意識への移行における最大の課題は、自我を克服し、自分の影を見つめることです。自分の影を見つめることができないのに、どうやって人類は世界の影を取り除くことができるでしょうか?
自分の居心地の良い場所から出て、必要な自己作業をしようとしない人類こそが、スターシードが大勢でこの惑星に転生することを決定的にしたのです。

愛情に満ちた地球外生命体のコミュニティが、私たちの命を救い、この世界を良い方向に変えようとしているのです 彼らは人間に自分自身を押し付けるのではなく、友人として、介護者として、教師として、家族として、ガイドとして、旅行者として、人間であるスターシードと一緒に歩いています。
彼らは、この地球上で私たちと一緒に暮らしていますが、現実の別の次元に住んでいます。彼らは、私たちが自分自身や世界と平和になれるように、私たちが彼らの意識レベルにアセンションするのを助けようとしています。
しかし、彼らは私たちに危害を加えるために来たのではありません。私たちを攻撃するために来たのではありません。彼らは私たちを裁くためにここにいるのではありません(もし彼らが裁くとしたら、それは私たち自身のためです)。これらの存在は、私たちが本当は誰なのかを理解するのを助けるという、神聖な目的を持ってここにいるのです。私たちの目的は何でしょうか?私たちがこの世界に提供できるものは何なのか?
これらの存在に関して、世界では多くの恐れ、混乱、抵抗があります。あなたが彼らを感じようと、見ようと、直観で知ろうと、彼らは何らかの形で私たちのためにここにいます。あなたが彼らに心を開いていれば、彼らの助けは私たちのスピリチュアルな道を歩む上で非常に貴重なものとなります。
ストレス、恐怖、パニックは、微妙な直感、知恵、信仰の最大の敵です。宇宙とその多くの住人たちと有意義につながり、自分自身の中で平和になるための最良の方法は、深い祈りと瞑想です。
それが重要なのです。祈りと瞑想は、善意の地球外生命体や天使、神、そして自分自身の最も深い部分と私たちを結びつけ、私たちを自由にしてくれます。
祈りは単なる道具ではなく、一日の始まりと終わりのための練習でもありません。祈りとは、愛の行為です。自分の中の光を世界に輝かせ、自分の中にある愛を放射し返すことです。私たちの人生にやってくる天使たちは、意識や無意識の傷を癒し、恐れや障害を克服し、そして何よりも、神とつながることを助けてくれます。
博愛的なETは、私たちのことを気にかけてくれています。私たちが好きなのです。私たちに何が起こるかを気にかけています。私たちの幸せを願っています。彼らが私たちを助ける方法の一つは、私たちが彼らとつながるのを助けることです。祈りによってそれが可能になります。祈りは私たちと彼らを結びつけます。
多くの人が、何らかの出会いを経験しています。恐ろしいビジョンを見たこともあれば、天使や宇宙人のビジョンを見たこともあるでしょう。多くの人は、自分を超えた何かに触れたと報告します。
このような反応が報告される理由の一つは、衝撃的なものであることが多いからです。私たちの文化では、「他者」を恐れるように教えられていますが、天使や宇宙人も「他者」なのです。多くの人は、天使を飄々とした手の届かない存在と考えています。また、宇宙人は、私たちを利用したり、傷つけたりする怖い生き物だと思っています。
彼らを恐れてはいけません。彼らに関する知識を自分から遠ざけようとするエゴに屈してはいけません。エゴは恐怖と憎しみで成長しますが、善意のETは愛です。彼らが初めて私たちの前に現れたとき、彼らは私たちにとって外国人のように見えるので、怖く感じるかもしれませんが、彼らを恐れてはいけません。
天使や「宇宙人」は異星人ではありません。彼らは私たちと一緒に生まれ、私たちを助けるためにここにいることを知ってもらいたいのです。そして、私たちは一人ではないのです。彼らとつながるためには、彼らが私たちを助けるためにここにいることを受け入れる必要があります。自分自身を信頼する必要があるのです。
もうひとつの方法は、自分が彼らと交流している姿を思い浮かべることです。彼らとつながることをイメージするには、目を閉じて、自分が上に向かって浮かんでいることを想像してください。自分の体から出て、時間のない空間に入り、そこで何とでもつながることができます。天使や宇宙人をイメージしてもいいですし、自分のスピリットや、ガイドとつながる自分のスピリットをイメージしてもいいでしょう。何かを信じる必要はありません。自分が不死身だとか、何かとつながっているとか、そういうことを信じる必要はありません。あなたの心の中でつながっていれば十分なのです。

では、何とつながりたいのか、自分に問いかけてみてください。何かとつながると、2つのことが起こります。まず、何らかのエネルギーや温かさ、光を感じることができます。2つ目は、何らかの助けや導きを求めることです。
善意のETを呼べば呼ぶほど、彼らとつながるための「チャンネル」を開くことになります。このように視覚化し、彼らとつながることに集中することが、最終的に私たちが日常生活で奇跡を起こすことを可能にするのです。
私たちを取り巻く天使や善意のETたちは、いつも私たちの周りにいます。しかし、私たちは彼らに気づきません。私たちは自分の思考、欲望、恐怖に気づくのです。
彼らは、私たちが自分自身を知るよりも、私たちをよく知っています。彼らとのつながりを感じ、私たちは心を開きます。ハートが開くと、恐れや執着がなくなります。ハートが開くと、彼らの声がますます聞こえるようになります。ハートが開くと、自分自身を知ることができるようになります。
慈悲深いETは、頭の周りに光の輪を持つ、きらめく炎のような翼のある人物として現れることもあれば、空よりも風景の中でくつろいでいるような、のんびりとした目立たない人物として現れることもあります。
畏敬の念、神聖なものの存在、愛されているという感覚を報告する人もいれば、単に平穏な気持ちになったと報告する人もいます。時には、方向性を示してくれたり、安心感を与えてくれたり、助けてくれたりもします。
ETに触れた人は、ビジョンやアイデア、あるいは何らかの導きを与えられます。この導きは、これまで隠されていた未来の問題の手がかりを見つけることだったり、世界の真実を発見することだったりします。また、アドバイスをすることもあれば、祝福の言葉を伝えることもあります。ETに触れた人には必ず、新しい理解に基づいて行動する勇気が求められます。
最初は、善意の地球外生命体とつながることは不可能に思えます。サンタクロースのように、クリスマスの日をずっと待っていて、一生待ってもクリスマスの日が来ないようなイメージです。
しかし実際には、善意の地球外生命体は常に私たちの中に存在しています。彼らは私たちの遺伝子の中に、家族の中に、友達の中に、学校の友達の中に住んでいます。教会、シナゴーグ、寺院、モスクにもいます。彼らは、私たちの先生であり、医者であり、弁護士であり、そして私たち自身でもあります。
彼らは私たちの中を歩き、私たちの中に住んでいます。隣人と区別しようとしてもできない。彼らは私たちの街に住み、私たちのプールで泳ぎ、私たちのレストランで食事をし、私たちの公園やショッピングモールなどで遊んでいます。
彼らは、あなたのすぐ隣にある近所の子供のように成長します。彼らはあなたの学校に通い、あなたのサッカーチームでプレーします。なぜなら、私たちはそれぞれ別の世界を歩いており、お互いに孤立していて、限られた方法でしかコミュニケーションをとっていないからです。
彼らの現在の課題は、多くの人間と同様に、人類を助け、平和的に共存することです。
私たちがこの惑星で進化してきた経緯から、彼らの価値観や倫理観を必ずしも共有していないにもかかわらず、彼らは私たちを愛しているからこそ、ここにいるのです。彼らは、私たちが承認していないことを私たちに押し付けることはありません。
彼らは広大で、全能で、遍在し、全知です。彼らはすべてを知っています。彼らは何も審判しません。彼らは私たちの助けを必要としません。
善意のETは超越しています。彼らは私たちを超えています。彼らは我々の想像を超えた領域に生息しています。彼らを想像する能力は私たちの想像力によって制限されており、彼らは想像を超えた領域に生息しています。
彼らとつながることは、自分自身とつながることです。彼らとつながることは、自分自身とつながることです。


私たちは、あなたを心から愛しています。
私たちはあなたと一緒にここにいます。
私たちはあなたの光の家族です。


エイホ―
オーロラ・レイ
銀河連合大使

ソース

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です