私たちの体 3次元から4次元および5次元へ 大いなる量子移行 レフ著 2022年1月12日

レフ


地球は新たな変化のステージに到達しました。根本的な変革の予感が漂っています。

微細領域では、新しいエネルギーが地球上のすべての骨化した構造を取り壊すのです。私たちが生きてきた、そして快適な存在のために築いてきた枠組みは、安定性、日常性、特定の役割と特定のタイプの人間関係、ライフスタイル、習慣、伝統、儀式を確実に保証しているように思われましたが、それが崩れていきます。

家庭-仕事-家庭、教育-仕事-家族-子供-穏やかな老後、趣味-興味-追求など、社会的構成は同じように不動に見えました。そして今、すべてのことは、奥深く、揺れ、崩壊し、枯渇したパワーとして地上の領域から削除されます。


任意の停滞、凝縮されたエネルギーとそれによって作成されたすべては、もはや新しい4次元/5次元空間の放射と特性に対応していません。



したがって、2022年には深刻な課題に直面することになります。安定と快適さを錯覚させるような、慣れ親しんだものを壊し、手放すことが必要になります。

人生における出来事の急速で急激な変化に適応し、自分の心を信頼することを学ばなければならないでしょう。このプロセスに抵抗すると、あらゆる方面からのプレッシャーが大きくなり、より大変なことになります。

私たちはもはや、かつて永遠に確立された役割分担で、すべての参加者を満足させるような関係を維持することはできないのです。根強い習慣が緩んでしまうのです。

家庭でも、それぞれの家族に合った生き方が、不測の事態や予想外の行動、新しい感情によって、その正常な流れが乱されることになります。

古い未練、解放されていない感情や状態が脱走して去っていきます。そしてさらに先へ先へと進んでいきます。

すべての偶像エネルギーは撤回されなければならず、すでに地球から積極的に取り除かれているので、平和な天はどこにもないでしょう。ガイアは外に出なければならず、共同創造者は彼女を余分な荷物を持って領域に乗せないのです。

以前は、惑星空間は全体として洗浄されました。2022年、パージは私たち一人ひとりに影響を与えるでしょう。

それを維持しようとしたり、抵抗したり、人生を複雑にしたりするよりも、運命的なものと自発的に別れる方がよいのです。


エネルギー、出来事、状況、感情によるサーフィンをマスターするために時間を割く価値があります。古い習慣、感情、思考、行動、態度、生き方に残りのすべての強さと神経でしがみつくのではなく、それ自体が現れるものに適応するために。



そう、私たちは足の下に固い地面があると安心するのです。私たちは、急な波の上を急ぐボードの上に立つことに慣れていません。しかし、この技術こそ、新しい時代、新しい次元の人間の特質なのです。

移動、切り返し、バランス、操縦、安定性に対する責任、受容と手放し、新しいものへの適応、気持ちの軽さ…私たちはもはや古いサイロ(円筒形の石でできた穀物・飼料倉庫)にずっといる必要はないのです。それが、今日、私たちがマスターしなければならないことなのです。

もう必要のないものを手放すことを学べば、新しいエネルギーがもっと自由に入り込んできて、私たちと私たちの空間を満たしてくれるでしょう。


人生の古い瓦礫を取り除いた私たちは、新しく生まれたように感じ、4次元/5次元の地球での生活に適応し始めることができるようになるのです。

それは、知らず知らずのうちに、世界や社会における外的な出来事から私たちを切り離すことになるかもしれません。そして、これは誰にとっても最良の選択肢であり、私たちの人生に集中することを助けます。
そして、私たちの周りで起こっていることは、私たち個人と惑星の浄化の背景と反映に過ぎないのです。

内なるバランス、平和、自分自身への注意を維持し、新しい能力と機会をマスターすること、それが私たち、他人、そして地球を変容させることにつながるのです。

2022年、すべての3次元的なシステム、構造が崩壊します。枠組みや足場がひとつひとつ解体され、私たちは解放されます。

それらは、私たちをエネルギー的に動かせないようにしていたのです。

私たちは、人間関係、状況、状態に自分を押し込め、人生のルール、習慣、伝統などを調整し、自分自身でそれらを構築しました。

このすべては、私たちと世界についての歪んだ概念、意味、アイデアの低い波動にかかっていました。

これらの枠組みは、真の世界を覆い隠し、私たちを互いから切り離していました。


今、私たちはついに本質的な現実と向き合わなければならないでしょう。特に、以前の変化を無視し、現在も受け入れていない人々にとっては、容易なことではありません。



しかし、今ではそれらの強力な流れがすべての人を襲うので、新しいエネルギーや情報を無視することはもはや不可能です。

4次元への移行の高周波は、今、あらゆる方面から私たちに迫ってきています。

– ガイアから(シューマン周波数の増加)。

– ヘリオスから。

– 銀河のセントラルサンから。

– 共同創造者、プレローマの高次光階層たちから。

– 私たちが何らかの形でコミュニケーションをとっているアセンデッド・マスターたちから。

– 宇宙的な魂であり、ある使命のためにここに送られた、高度に発達した家族のメンバーから、など。

しかし、残念ながら、意識的に変身した人でも、この周波数が肉体にシームレスに適応するとは限りません。私たちは、私たちの思考、感情、行動の汚染に応じて、痛みの様々な程度を引き起こすパージに耐えなければなりません。

でも、そうしなければならないのです。移行期間中、地球に滞在するすべての人は、より高いエネルギーに適応しなければなりません。抵抗は無意味です。

私たちは皆、器を伝える法則によって生きているのです。地球、宇宙、メンターに加えて、家族、仕事仲間、友人、そして居住地を通じて、私たちのエネルギーは交換されています。



同じ社会集団の中に、異なる周波数の参加者がいることもあります。ある人は自分自身に働きかけ、高い波動を体に取り込みますが、他の人は遅れ、3分の1は生活の中で何も変えようとはしません。

多くの人は高次の意識に抵抗し、自分の中でブロックし、拒絶しています。これは、彼らにとっては異常なことなのです。その結果、彼らの身体は葛藤し始め、病気になります。

最近まで、すべての問題を高周波の人たちのせいにするのが「流行」でした。彼らとの密接な交流から、ある人はエネルギーの浄化を始めることができ、悪寒、ほてり、徘徊痛、アレルギー反応として表現されます。時には、便がゆるくなったり、女性の生理が大量に来たりすることもある。また、咳、鼻水、発熱などの「風邪」の症状もあります。

もちろん、浄化が必ず起こるとは限りません。高周波に全く反応しない人もいます。

これらの浄化はすべて、根気よく飽きずに続けることができます。そしてさらに、身内やキュレーター(管理責任者)を責めないことです。彼らはただ、私たちに非常に重要な適応サービスを提供し、私たちをいつも少量ずつきれいにして、有害なエネルギーが私たちの中に停滞し定着するのを許さず、ブロックやネガティブなプログラムの蓄積を破壊しているだけなのです。また、定期的に私たちのバランスを整え、新たな量子の流れを知覚できるよう開放してくれます。

時には、一時的に肉体的・精神的な不快感を与えることもあります。しかし、そのような現象は良い兆候です。これは、私たちが古い3次元コードを新しい4次元、5次元のコードに置き換えていることを意味します。もしこの置き換えが起こらなかったら、私たちにとってはもっと悪いことです。

新しい4次元・5次元コードは、まず私たちの潜在意識にロードされ、次に肉体、エーテル、アストラル、メンタルという4つの下半身で適応が行われます。これは、私たちの身体に高い潜在能力を生み出し、維持するために必要なことです。

このようにして、古いエネルギーが徐々に取り除かれ、置き換えられ、新しいエネルギーに置き換えられていくのです。私たちは、自分自身の魂の高次の側面によって変容させられているのです。ハイヤーセルフからの構造化されたエネルギーは、その低次元に入り、4次元と5次元への移行のために身体を適応させます。ある人にとって、その置き換えは簡単であり、ある人にとってそれは難しいです。私たちは皆違うのです。




高い周波数に直面し、意識のレベルでは、移行期間中に地球の微細領域で展開されることに対して準備ができていないかもしれません。

多くの人は、第6人種の人間として新しい考え方をする準備ができていません。

潜在意識のレベルでは、それが彼らを怖がらせたり、反対方向に引っ張ったりさえするのです。

そして、彼らはそれを試みるどんなにハード自分自身に任意のコードをさせません。

同じように、それは新しい4次元のエネルギーで生き残るために必要な、炭素から液体シリコンベースへの原子分子レベルでの彼らの肉体の変容をブロックしています。

将来、5次元やそれ以上の次元で生きていくためには、ケイ素のベースはプラズマに、そしてエーテルやその他の微細エネルギーに取って代わられるでしょう。

2021年後半、地球人の3つの波(約20億のソウル)がすべて4次元に移行したのは、この微細体の中でした。しかし、共同創造者たちは、4次元への移行期間中も私たちの肉体を保存できるように変容させるために、常にさまざまな実験を行っています。

その最後の実験のひとつが2022年1月4日に終了しました。それは何だったのでしょうか?

私たちの4次元への移行の手段である装置は、多次元的に統一された私たちの身体です。移行に関わる主な区分は、コーザル(因果的)レベル、エーテル的レベル、肉体的レベルです。私たちのモナド体は、そのレベルではないので、間接的な関係しか持ちません。

しかし、直接的な「移行」において最も重要なのは、やはり私たちの肉体なのです。それは理解できます。それは私たちのモナドの顕在体の構造全体の中で最も密度が高く、最も粗く、したがって最も不活性で変化に対して耐性があります。


もう一つ重要なニュアンスがあります。3次元の地球で何世紀にもわたって行われてきた共同創造者たちの実験の条件では、すべての魂は彼らの体ではなく、その本来の姿でもなく、ここ(私たちの肉体)に転生しているのです。

3次元領域上に具現化された魂とファントムはアルコンの3次元物質で作られた代理の物理的なコーパス(言語データベース)を取得します。つまり、受信したボディにそのモナドの実体がありません。

また、そこには「モナドの知性」、すなわち「ハイヤーセルフ」の直接的な存在もありません。肉体の意識(「ロウアーセルフ(低次の自己)」)は、事実上、独立した別の「心-知性」として存在しています。

※訳注:私たちのモナド(意志、ハイヤーセルフ)は高次元にあり、魂は3次元領域の肉体に受信しているということです。

肉体と「ハイヤーセルフ」の間の進化、コミュニケーション、およびコンタクトの制御は、ほとんどの場合、仲介者を通して行われます。守護天使、アセンデッド・マスター、メンター、カルマの支配者、地球外文明などです。

これは良いことでも悪いことでもありません。これらは実験用語であり、私たちの魂はここに無理矢理詰め込まれたわけではありません。それぞれが自分のしていることを完全に理解していたのです。彼らは貴重な経験、霊粒の進化の条件におけるその獲得、この形式における魂の側面、その意識を持つ誰かの代理の身体におけることに興味があったのです。

4次元にはそのようなものはなく、他のゲームの条件があります。4次元の私たちのコーパス(言語データーベース)は、単一顕在体の形式のモナドの物質と、4次元の地球の物質でできているでしょう。


このような共生が最も効果的であり、代理人が存在しないためです。現在、3次元では、私たちの肉体のコーパス(言語データベース)は100%サロゲート(代理)で、微細体は60%、コーザル(因果)体は50%です。

共同創造者は、人間の肉体の脱サロゲート化を、4次元に移行する人たちの優先事項の一つとして考えています。このプロセスは、はるか昔に先駆者たちによって始められました。DNIは、モナドの物質が人体で結晶化する実験について、ポストで語っています。カルマの支配者の帰還 PART 12-2.

複雑さの点では、このプロセスはDNAの刷新よりはるかに優れています。最も小さなモナドの結晶化であっても、身体、DNA、ゲノム、生化学、チャクラシステム、微細体などの変容が非常に高い割合で必要とされます。それは、変革の王冠です。

2022年1月4日、移行先駆者の一部のメンバーは、モナドの能動的結晶化と、そのエッセンスによる3次元体の代理物質の置き換えのテストを受けました。

アクティブな段階は約22時間、休みなく続きました。このプロセスは、共同創造者と彼らのハイヤーセルフによって監督されました。その間、ハイヤーセルフは現実と現実の間の境界線にいるような、半信半疑の状態にありました。

ある時点で、朝になると、彼らは自分のモナドが肉体に入り込むか、肉体がモナドに突入するのを感じました。

数時間にわたって、「先駆者」たちは猛烈な暑さを体験し、それが激しい寒気と入れ替わりました。体は汗で濡れ、それが数時間止まりませんでした。夜中に布団がびしょびしょになって、何度も取り替えました。体温は35.4度のままです。

2022年1月4日の夜、実験は終了しました。被験者は完全にゼロになり、疲れ果て、何のプログラムも進化的なタスクも、人生の目標も存在しないことを感じました。肉体を維持するための基本的な本能だけが保たれました。

スケール外の振動は続き、めまいが激しくなりました。男たちはベッドから起き上がることもできません。皆、いつもと違う状態、自分自身の新しい感覚、自分の感情を体験していました。まるで、人格の一部が異質なものになったような、奇妙な物質で構成されたような……」。

この段階で、実験は成功しました。現在、共同創造者たちは、この最初の結果を慎重に検討し、4次元への移行中に肉体を維持するために何が必要なのか、そのために肉体をどのように変化させるべきなのか、新たなテストを行う予定だそうです。


 

ソース

https://www.disclosurenews.it/our-body-from-3d-to-4d-and-5d-lev/

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です