米国防総省高官と米上院議員が地球外宇宙船の説明を受けたと米主流メディアで発表しました!

米国防総省高官とマルコ・ルビオ米上院議員(元大統領候補)が地球外宇宙船についてのブリーフィング(説明)を受けたとニューヨークタイムズ紙が報じました!

米国当局者は、「この地球上で製造されていない地球外の宇宙船」について機密の説明を受けました
https://dailycaller.com/2020/07/24/pentagon-classified-briefing-ufo-off-world-vehicles/

ニューヨークタイムズ紙によれば、議会と国防総省の両方の米国当局者は、
「この地球上で製造されていない地球外の宇宙船」から取得した資料に関する機密説明を受けました。

国防総省が昨年機密されていない「説明できない空中現象」(UAP)の以前に
機密された映像を3枚リリースしてから数か月後にニュースが出ます。
映像とブリーフィングはどちらも、元民主党のネバダ元上院議員の
ハリー・リードと共和党のフロリダ上院議員のマルコ・ルビオの両方が支援する
国防総省のプロジェクトである正体不明の空中現象タスクフォースの一部としてやって来た。

ペンタゴンUFOプログラムの下請けとして働いていた天体物理学者の
エリック・デイビスは、国防総省のある機関に「この地球上で作られていない
地球外の宇宙船」についてブリーフィングを提供したとNYTは述べた。

ルビオはマイアミCBSの系列会社に、中国やロシアのような世界の敵が航空技術に
何らかの飛躍を遂げているかどうかを研究する手段として不可欠であると語った。
(関連:検索:エリア51の襲撃は素晴らしいアイデアです)

昨年リリースされた映像は、米軍基地の上または近くを飛行している多くのUAPを示しています。
ルビオによれば、米国の航空機で監視した場合、オブジェクトは米国の航空機の能力をはるかに超えた機動を行いました。

「たぶん、それについて完全に、一種の、つまらない説明があるでしょう。
しかし、我々はそれを知る必要がある」と彼は言った。

議会にいる間、プログラムへの資金提供を強く支持していたリードは、
タスクフォースが重要な発見をしたと述べた。

「これを調査した後、政府と民間部門が所有している実際の資料があったという報告があったという結論に至りました。

ただし、物理的な資料の証拠は公開されていません。

光の預言天使E.T.

約14年前に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている認定預言者です。 光の戦士として長年活動しています。活動歴は14年です。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合所属 twitter https://twitter.com/KikuchiNorihito アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です