2019年3月2日のインテルアラート「資源」

spiritual-lighterさんより転載

https://ameblo.jp/spiritual-lighter/entry-12444039767.html

 

【インテルアラート:2019年3月2日】

地球同盟配下の国とカバール配下の国の間の最終的な離反は、もうすぐ解消される。

資源がこのゲームの名前です。

ジンバブエ
ベネズエラ
北朝鮮

ジンバブエは間もなく、貴金属、鉱物資源、レアアースといったような、膨大な未開発の地下資源を発表するだろう。

これらの資源の採掘が始まると、ジンバブエは貴金属、鉱物資源、レアアースの全世界の貿易をコントロールするだろう。

ジンバブエの資源はまもなく開示されるであろう新しい技術を開発するのに不可欠だ。

北朝鮮にも中国が関心を持つ資源がある。

トランプがベトナムの首脳会談で、北朝鮮の資源について何度か言及したことに注目しなさい。

誰が北朝鮮の資源をコントロールするかが、サミットの目的だった。

ちょうどベネズエラで起きているように。

その間、RVがいつでも始められるように、情報源は高度の警戒状態にある。

 

 

 

 

やはり米朝会談の決裂は、表向きの報道とは違う理由でした。

 

ただ、それは他の世界情勢との兼ね合いと言うより、アメリカとの和解後に天然資源を同盟が管理する事を金正恩が渋ったことが原因だったようです。

 

北朝鮮にとってみれば、経済制裁が解消したら、天然資源の貿易によって、国を豊かにできるという望みを一時的に放棄することになるので、なかなか首を縦にふるのは難しいのかもしれません。

 

また、そういった不平等条約めいたことを合意するのは、北朝鮮軍部を始めとした国内の反対もあるでしょうし、その先の見返りの保証もないので、彼らにとっては一方的にだまされる可能性もないわけではないので、判断できなかったのかもしれません。

 

その辺の判断は今までの常識にとらわれていたら難しいでしょうね。

 

金正恩はまだまだ若く、権力基盤も盤石とはいえないので、彼個人の意思ではどうにもできない部分もあるのでしょう。

 

しかし、北朝鮮は最終的には世界の流れに押し切られることになると思われます。

 

インテルの情報源もRVがいつ始まってもいいように高度警戒状態に突入しているようです。

 

Qの言っていた3/20までに何があるのか、もうあとわずかに迫っています。

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です