アメリカが月面に原発を建設するそうです

アメリカが月面に原発を設置するそうです。

原発反対派の方もいるとは思いますが、宇宙進出が進んできましたね。

銀河連合と交流するにあたり、地球レベルでも最低限の宇宙への進出能力は問われるでしょう。

月面に原発 米国が建設を決定
https://jp.sputniknews.com/science/202009077751626/

2020年09月07日 04:40

米航空宇宙局(NASA)と米エネルギー省が月面に原子力発電所を建設する意向を表した。
ポータル「スペースニュース」が報じた。

NASAは9月末ないし10月初めに最も優秀な設計プロジェクトをつのるコンクールを開き、前提的な費用の見積もりを行う。最終的に設計会社を選ぶのは2021年初頭になる。

NASAの構想では、2027年にも月面に原発を移送する。これは月面に建てられたモジュールに居住する人間やプラントの必要とするエネルギーを供給する。

月面では2週間ごとに夜と昼が繰り返される。

太陽電池を使用することができない「月の夜」に原発による電力を使おうという考えだ。

将来的には類似した原子炉を火星に建設するコロニーでも使用する計画だという。

光の預言天使E.T.

14年前に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) Qanon最初期拡散者です。2017年11月12日~ 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 twitter https://twitter.com/KikuchiNorihito アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です