RV /インテリジェンスアラート: “干渉” – 2019年4月3日

spiritual-lighterさんより転載

https://ameblo.jp/spiritual-lighter/entry-12451848090.html

 

【インテルアラート:2019年4月3日】

情報源によると、ブレグジットの問題は、移行がさらに進むことができるまでに解決されなければならない。

これが、ブレグジットの延期と再度の国民投票の呼びかけを、EUがゴリ押ししている理由だ。

ブレグジットはロンドンの支配に関係している。

ブレグジットが成功すると、カバールは主要な金融拠点であるロンドンの支配権を失う。

ブレグジットはイギリスのGESARA準拠でもある。

 

ブレグジットが引き続き延期されるのであれば、EUは、隠密作戦による破壊の危機に直面する。

一方でミュラー報告書は、イスラエルの2016年の選挙への影響と、政府高官の関与を暴露すると噂されている。

地球同盟とカバールの間の地政学的な戦いが続いているので、RVの開始はいまだ幻に包まれている。

しかし、情報源は、RVのリリースはかつてなく近づいていると信じている。

 

 

 

 

カバールの狙いは、イギリス議会と政府に任せたらブレグジットの問題の決着がつかないという雰囲気を盛り上げて、再度国民投票を行い、おそらくは不正行為によって結果をひっくり返すことにあるようです。

 

でもそこで再投票というのはそもそもおかしな論理ですよね。議会と政府がだらしないのであれば、やるべきは再投票ではなく政府の退陣、もしくは議会の解散・選挙で民意を問うことのはずです。

 

おそらく、最近の先進国の選挙ではカバールが結果をコントロールできななくなってきている傾向があるようなので、何が起きるかわからない選挙より、まだ不正が楽そうな国民投票をやりたいのでしょう。

 

しかし、ここにきてEUも、イギリスを見放して保身を図る方向に転換してきた感じがあります。

 

ロンドンは、カバールにとっては将棋の飛車角のようなものなので、それを捨てないと逆に王手をかけられて詰んでしまうところまで追いつめられているということかもしれません。

 

ハードブレグジットか、EU全体の経済崩壊か、究極の選択ということでしょう。

 

となるとブレグジットは避けられないようにも見えますが、4/12に向けて、さらに事態は加速しそうです。

 

ここ1週間、ヨーロッパの政治ショーはますます面白くなってます。目を離せませんね。(笑)

光の預言天使E.T.

約15年前(2006年10月4日)に宇宙連合の宇宙人に啓示されて以来、 地上の闇の支配と戦っている預言者です。 光の戦士として長年活動しています。 もうすぐ地球は光の勢力によって解放されます。 これによって真の平和と繁栄の社会が到来します。 皆さんと喜びを分かち合える世の中になってほしいです 世の中を良くするテクノロジー系の話題も好きです。 アセンション=シンギュラリティ後の社会(銀河連合の使者談) 銀河連合及び多次元銀河共同体所属 日本神界の神の臣下 地球イノベーター Qanon最初期拡散者です。(2017年11月12日~) COBRA初期参入者(2014年8月16日~) ベーシックインカム推進者(2003年~、ひろゆき、ホリエモンにBIを教える) 医療用大麻合法化活動家 安楽死合法化活動家 動物を殺さない人工培養肉推進者(2011年~) 好適環境水による魚の陸上淡水人工養殖推進者(2018年3月~) AR(拡張現実)推進者(2007年2月18日~) バーチャルヒューマン(デジタルヒューマン)推進(2018年3月26日~) 人体実験シミュレーターによる薬物の人体実験シミュレート構想をレイ・カーツワイルが提唱する数年前に提唱。(現実の人間や動物が生体実験リスクを取る必要がなくなります) 多色プラウトパラダイス世界構想 (同じ思想、価値観の人達でコミュニティ、自治体を作り、資源を公平に分配し、AI、ロボット、ドローン等に労働をしてもらう世界構想を提唱。 2015年10月6日~) 利権のしがらみのない公正に市民の最大幸福を達成するAI政府構想を提唱(2007年上半期~) ゲーミングチェアに座り脳波インターネット(ブレインネット)で超AIに管理サポートされたVR世界に繋がり、それが無数のパラレルワールドとなっているVR世界構想を提唱。 有名外科医の長男 8次元 twitter https://twitter.com/OracleAngelET アメーバブログ https://ameblo.jp/oracleangel-et/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です